色と言葉の臨床色彩心理療法

『キュービック・ケア』は、学校や幼稚園・養護施設などの教諭、保育士、看護士・介護士など、人を長時間ケアする仕事に就いている人のための、『キュービック・マム』を発展させたプログラムです。

子ども一人一人に対し、その子にあった対応や、患者や高齢者の思わぬ言動にどのように個別対応していくのか、むずかしく感じることが多いでしょう。

特に、限られた時間の中での忙しさから、十分に相手の心に沿った対応がむずかしかったり、指示的な言葉を多く発する日常になっているかも知れません。そんな長時間ケアの悩みを改善するプログラムです。

自己肯定力自己効力感を高める!
『キュービック・ケア』は、『キュービック』の臨床色彩心理のノウハウを活かして、生徒や患者・高齢者の心の動きや願望を色を手がかりにキャッチしていき、プロだからこその”聴く”と”伝える”のテクニックを磨いていきます。

『自分は今のままでいい』『自分は生きる価値のある存在だ』という自己肯定感と、『自分には目標を達成する能力が十分にある』という感覚の自己効力感を高めて、自信を持つことができるようにサポートします。

自分自身のストレス減少にもつながります!
生徒や患者・高齢者が、今どのような心の状態で、どのような言葉をかけてもらったら、前向きに前進できるのかを理解するためにトレーニングしていく、とてもシンプルなロールプレイングが中心のプログラムです。

シンプルだからこそ、効果も実感しやすいのです。
生徒や患者・高齢者の心の動きや願いを、色を手がかりにしてわかれば、仕事の充実と効率化がはかれるだけでなく、『お互いが気持ちのいい』対応が自然にできるようになり、ケアの質向上へのパワーアップにもなります。

結果、自分自身のストレスが軽減することにもつながる、とても効果的なプログラムです。

講座の特徴

  • 現場ですぐに活かせると評判の人気講座。
  • 生徒・患者・利用者に対して、その場でどのように対応したらいいのかがわかる実践的内容が満載。
  • アドラー心理学を土台にしているので、相手に勇気を与える言葉がけや態度が明確。
  • 不適切な行動事例に応じたコミュニケーションの取り方を具体的に検討。

カリキュラム

  1. キュービック・ケアの目的と効用
  2. キュービック概要
  3. キュービック・キットの使い方
  4. パーソナリティ・カラーと個性
  5. 自己肯定感を高めるポジティブ・メッセージ
  6. 色彩エネルギー概要
  7. 基本色彩10色別情動の理解
  8. 自己効力感を後押しするバックアップカラー
  9. ネガティブ情動をポジティブ情動に変える言い方
  10. クライアントの前進する力を後押しするポジティブ・メッセージ
  11. 情動別対応を考えるワーク

受講時間 24時間
受講料 107,720
(教材テキスト代込・税別)

  • 小・中・高校教諭・養護教諭・保育士・看護師・介護士など、長時間ケアする職業に就いている方を対象とした特別講座です。
  • 授業の進行状況によって、受講時間の変動があります。通常は18時間を規定時間数としていますが、事例数の多少や受講者の要望によって、24時間まで延長可能です。
  • 終了後は()フラックス.より、修了証が発行されます。
  • 教材に含まれるキュービック・キットは耐久性が高く、安心安全な素材で作られています。また、実用新案特許を取得していて、キュービックだけのオリジナルツールです。


さらに、プロを目指す方向けのインストラクターコースがあります。
詳細は直接お問合せ下さい。